地域スポット

白山神社は新潟の初詣スポットとして人気

スポンサーリンク

毎年、初詣は白山神社にお参りに行っています。

新潟市民の初詣はほとんどが白山神社か護國神社、もしくはちょっと遠出して弥彦神社でしょうか。

hakusan3

白山神社は1月15日まで初詣の祈祷期間です。

例年、3日から7日あたりに行って、お賽銭を入れ今年一年の無事を祈りおみくじを引く。
その後に、家族一個ずつ好きなお守りを買って、帰りにぽっぽ焼きを食べるというのが初詣のパターンです。

初詣、新潟の参拝客数

彌彦神社 24万人
白山神社 17万人
護國神社 15万人
蒼柴神社 10万人

やはり新潟といえば、パワースポットでもある弥彦神社の参拝客数が圧倒的ですね。
hakusan6

白山神社のホームページでは初詣参拝客数が18万人とありましたので、年々増えているのかもしれません。

hakusan4

1月2日の午前中に初詣に行きましたが、市役所の駐車場が混んでいたので、西堀の駐車場にとめました。

コインパーキングも、期間限定のお正月特別料金で普段の2~3倍の金額になります^^

昔、友人と2年参りで弥彦神社に行ったことがあります。

夜11時ごろ車で出かけたのですが、かなりの人出でびっくりしました。

地元弥彦や吉田、三条あたりの人たちはもちろん、新潟や長岡からも大勢の人が初詣に行くようです。

新潟名物 ぽっぽ焼き

hakusan1
出典URL:新潟観光ナビ

ぽっぽ焼きとは、新潟県下越地方で見られる長細いパンのような菓子。有力な発祥元とされる新発田市を中心とする阿賀北以北では蒸気パンと呼ばれる。 新潟では1965年頃から、ポッポ焼きと呼ばれることが増え始め、1970年頃には、ポッポ焼きが主流の呼び名となる。

出典:ウィキペディア

県北のほうでは、ぽっぽ焼きを「蒸気パン」と呼びます。新潟は縦に長い県なので、風習や言葉も土地によって全然違いますが、またそこが面白いところです。

ぽっぽ焼きといえば、新潟の名物。夏のお祭りのシーズンだと熱いぽっぽ焼きはイマイチ食が進まないけど、寒い冬のシーズンはほんとに美味しい!

白山神社の出店も、お好み焼きや唐揚げ、焼きそばなど、いろいろな屋台が出ているけど、行列があるのはぽっぽ焼きだけ。

お店の数も6~7店舗ほどあって一番人気です。

白山神社は合格祈願でも有名

学問の神様・菅原道真公・天神さま白山神社には学問の神様である菅原道真公・天神さまをおまつりしております。 江戸時代までは、現在の白山公園内に天満宮という小さな神社があり、学問に励む子供や、親子が大勢おまいりに訪れていたそうです。

出典:白山神社HP
学問の神様菅原道真公と結ぶ力があるといわれる「はくさんさま」の二柱を祀っている神社としてAll Aboutにも紹介されているので、新潟県内はもとより、県外からも参拝に訪れる方が多いのだとか。

hakusan5

今年の春、高校受験や大学受験の人たちでしょうか。絵馬に【絶対合格】と書いてあったのを見ました。

はくさんさまは、志望校と結んでくださる神様でもあるので、受験生にとってはダブルでご利益が期待できそうですね。

よっちぃ

投稿者の記事一覧

新潟に生まれ育ってうん十年。変わらない新潟、進化していく新潟をお伝えします。

関連記事

  1. 新潟市の穴場のお花見スポット5選
  2. 胎内市のチューリップフェスティバル2019に行ってきました
  3. 新潟市で夜桜を楽しめるライトアップお花見名所
  4. 新潟市のシンボル萬代橋が130周年
  5. 中国庭園の天寿園は鳥屋野潟中心にあり不思議な異空間だった
  6. 新潟県の人気温泉宿5つとよっちぃのおすすめ温泉
  7. 新潟島一周自転車道を走る「その1」関屋~みなとぴあ
  8. 【2019版】新潟市のお花見名所ランキング 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 新潟の女性はストレスを感じやすいのはナゼ?
  2. エアコンクリーニングはシーズン前がお得! クリーニングのメリットと新潟市の業者比較
  3. 胎内市のチューリップフェスティバル2019に行ってきました

スポンサーリンク

PAGE TOP