子育て

妊カフェ・育カフェがオープンして半年。新潟の子育て支援の現状

新潟市の子育て支援事業「妊カフェ・育カフェ」が
平成28年度4月に開設されてから半年たちました。
cafe5

新潟市東中通にある
クッキングライフnukunuku(ぬくぬく)さんというお店で
妊カフェ、育カフェ、それぞれ毎月1回開催されます。
妊カフェ

育カフェ

妊娠中や育児中の悩みを
助産師や保健師など専門職に相談したり、
同じ環境の人たちとおしゃべりできる場所です。

参加費もお茶代の100円とリーズナブルで、
広報と口コミの効果で参加者も徐々に増えています。

子育てサークルのいま

この妊カフェ・育カフェの事業からは、
新潟市が積極的に子育て支援に取り組んでいる姿勢が見えます。

妊娠中や育児中って周りからみるとすごく幸せそうですが、
実は不安でいっぱいです。
cafe2

妊娠や出産でホルモンバランスが変化しているので、
精神状態が不安定でイライラすることも多いし、
お腹の子どもや出産後の子どもの成長など心配は尽きません。

こういう悩み事を相談する場所があるということは、
妊娠や小さいお子さんを持つお母さんにとってはすごく心強いことです。

妊カフェは、まあ、分かるけど

育カフェは、育児サークルと同じじゃないの?

って思いがちです。

育児サークルは個人で運営しているところがほとんどで、実際はさまざまな問題があります。

・代表者が変わるとサークルが維持できないことがある。
・仲良しグループが固まってしまい新入会員が入りづらい
・一度人間関係がギクシャクすると続けにくい

入ってみて分かった問題があっても、

子どものことを考えるとやめられなかったり。
ほかにも、

宗教が絡む子育てサークルもあり、

子育てサークルに入って逆に悩みが増えたなんて話も聞きます。

 

全然知らないコミュニティに入るのは勇気が要ること。
こういった形で行政主体で運営していれば、行きやすいのでいいですよね。

気軽にお茶代だけで参加できる妊カフェ・育カフェは
今後どんどんニーズが高まりそうです。

どんなことするの?

妊カフェは妊娠中の女性が対象。
育カフェは6カ月未満の赤ちゃんがいるお母さん(夫やパートナーも参加可)

 

何かと不安な妊娠中の数カ月間と、出産後半年まで、何回も参加できます。
cafe3

20組の参加者をグループ分けして、そのグループでいろんなことを話し合います。

 

そこに保健師さんやスタッフさんが入って、いろんな質問を受け相談にのったりとアットホームな雰囲気です。

 

たとえ生まれて数カ月の赤ちゃんでも、
ほかの赤ちゃんと接することは刺激になるし、
親もいろんな話が聞けるし、ストレス解消もできて一石二鳥です。

「来られるうち何度でもきたい!」と評判は上々。

平成29年度からは妊カフェの日曜日開催が決定しました。

 

保活の情報や離乳食など、
子育て中の親ならではの会話が弾んでいます。

 

何度も参加してママ友ができたという人も大勢います。

新潟のイクメン度は?

まちを歩いていると、
ベビーキャリーで赤ちゃんを抱っこしているパパを見かけるようになりました。

新潟も徐々にイクメンが増えているなあ、って実感してます。

cafe6

そして、とうとう、
新潟県がイクメン応援宣言企業登録制度を創設しました。
新潟県イクメン応援宣言企業登録制度

 

この制度に登録された企業は「イクメン応援宣言企業」を名乗ることができ、
新潟県の広報媒体のほか新聞、テレビ等で広く紹介されます。

単に育児休業を取得しやすくなるだけでなく、
企業のイメージアップにもつながる取り組みなので、
社員のモチベーションも上がりそうですね。

 

少し前までは「ひょっとして新潟県って他県より遅れてる?」って
残念に思っていたのですが、
世の中の流れを受け、行政が積極的に支援し始めたので嬉しい限りです。

もう一つ。

2016年7月「イクボス宣言」が出されました。
新潟県イクボス宣言
こちらのほうは、

ワーク・ライフ・バランスの推進など、耳障りのいい言葉が並んでいますが、実情はどうでしょう?

今のところ、新潟県内の男性の育児休暇取得者は数えるほどの少なさなので、今度に期待したいところです。

▲目次に戻る

よっちぃ

投稿者の記事一覧

新潟に生まれ育ってうん十年。変わらない新潟、進化していく新潟をお伝えします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 新潟市のネットスーパー3つの特徴と上手に利用するコツ
  2. 新潟市にある人気のヨガ教室&スタジオ おすすめ7つ
  3. エアコンクリーニングはシーズン前がお得! クリーニングのメリット…
  4. サントピアワールド2019年オープン!見どころ・遊び方をチェック…
  5. 天気悪い日はなにしてる? 親子で楽しむ新潟の冬の遊び場
  6. イトーヨーカドーネットスーパーを利用した感想です
  7. 新潟市中央区にある”ママにうれしい”キッズルームのある美容室
  8. 新潟市の保育園は入りやすい? これからの保活のポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP