観光

マリンピア日本海は新潟で一番人気のスポット

スポンサーリンク

約450種2万点の水生生物に出会える
日本海側最大級の水族館として大人気のマリンピア日本海。

大水槽の底を通るマリントンネルからの眺めは迫力満点。
まるで自分が海の底にいるような錯覚になり時間を忘れてしまうほど。

マリンピア日本海をグーンと楽しむ方法をお伝えします。

▼目次
  1. マリンピア日本海って?
  2. マリンピア、最新ニュース
  3. マリンピアといえば、ジェラート
  4. マリンピア日本海 お得なクーポン
  5. マリンピアをより楽しむために

マリンピア日本海って?

マリンピア日本海の概要

所在地 新潟市中央区西船見町5932-445
TEL 025-222-7500
開館日 9時00分~17時00分

(最終入館16時30分)

休館日 2月29日~1月1日、3月の第1木曜日とその翌日
公式サイト http://www.marinepia.or.jp/

1967年 新潟市立新潟水族館として開館
1990年 現在地に移転して「マリンピア日本海」としてオープン。
2013年7月 リニューアルオープン。

リニューアルオープン後は、
水槽も増えて迫力もアップしたので県内外からの大勢の人が来ます。

特に夏休みの土日になると駐車場に入る車が数珠つなぎになるほどの人気。

新潟市の保育園・幼稚園のほとんどのが遠足や課外授業で利用しているので、
新潟市民にはなじみのスポットになっています。

イルカショーや、ラッコ、ペンギンなどが見られるので
子どもだけじゃなく大人にとっても癒やしの場となっているのは間違いないようです。

日本では、ラッコは一番多かったときの10分の1の13頭しかいなくなってしまいました。
海外に行かないと見られない、なんてことになる前に、ぜひ一度、かわいい姿を見ておいてください。

これは2014年、オープン後に行ったときの写真。

 

クラゲ。
幻想的でずっと見ていられます。

1611202

例年、クリスマスのとき、
クラゲの水槽近くでクリスマスイルミネーションが展示されます。

高さ4.5メートル、2,000個のLEDが点灯され幻想的なムードになります。

クラゲの様子とLEDが幻想的なイメージをより一層盛り上げます。

マリンピア、最新ニュース

2016年11月、飼育するアカムツ(通称ノドグロ)の展示スペースをリニューアルしました。

水槽を2倍の大きさになりノドグロの500匹に増やしています。

ノドグロ

日本海の深いところに生息し脂がのった高級魚として知られている。生息域が光の届きにくい深海のため、生態が謎が多かった。ノドグロの正式名称は「アカムツ」で、のどが黒いことからノドグロと呼ばれるようになった。

0353-1

ノドグロを一躍有名にしたのは錦織圭さんです。

2014年、錦織圭さんがテニスの全米オープンで準優勝して「帰国したら何が食べたい?」と聞かれたとき、すかさず「ノドグロ」と答えたことは有名な話です。

ノドグロってどんな魚?
ノドグロが食べてみたい

その発言以来、知られました。有名人の発言の影響ってスゴイですね~(^^)

高級魚といわれるのどぐろは新潟や佐渡の近海に生息しています。
新潟では回る寿司屋さんでも定番で提供しているところもあるんですよ。

需要が増加して品薄になったと言われるノドグロですが、旬になると脂がのってて最高!
ぜひ一度、食べてみてください。

マリンピアといえば、ジェラート

マリンピア日本海から歩いて5分ぐらいのところにあるジェラート屋さん。

popo

ジェラートの種類が豊富で、何よりもおいしいと口コミでもジェラテリアポポロさん。

>>ジュラテリアポポロ ホームページ
マリンピア日本海のイルカショーなどは屋外なので
冷たいジェラートのブレイクタイムが欠かせません。

シーズン中は平日でも賑わっているので、午前中がオススメ。

マリンピア日本海のお得なクーポン

マリンピア日本海は入場料が2割引きになるクーポンがあります。

2割引きだと入場料が下記のようにお得になります♪

大人(高校生以上) 1,500円→1,200円
小人(小中学生) 600円→480円
幼児(4歳~) 200円→160円

クーポンを入手するのは3とおり。

市報にいがたの割引クーポン

年に3回(7月・11月・3月)、新聞と一緒に配布している市報にいがたにクーポン券がついています。有効期限は年度末(3月31日)までとなっています。

新潟市役所か各区役所で入手可能

市報にいがたは、新潟県外の人は入手が難しいですが、新潟市役所や区役所のチラシ配布コーナーにおいてあります。土日は閉庁していますが、平日ならOKです。

新潟市観光循環バス1日乗車券で2割引

観光循環バスの一日券を購入すると、特典としてマリンピア日本海を含め多くの観光施設が割引になります。観光旅行でバスを利用しようと思っているなら、新潟市観光循環バスの1日乗車券がオススメです。

大人500円、子供250円とお手頃な値段で観光循環バスに一日乗り放題です。

>>新潟市観光循環バス

特典は上記のホームページに載っていますが、
マリンピア日本海近くのジュラテリアポポロさんのジェラートも
ダブルをトリプルにサイズアップのサービスがあります。
※当日のみ有効

そのほかに、JAF会員は2割引きというのは意外に知られていません。
窓口でジャフの会員証提示で5名まで入場料が2割引可能です。

県外からドライブで新潟のマリンピア日本海に来る方は
この際にJAFの会員になっておいても損はありません。

>>JAFは全国ネット年中無休24時間体制でカーライフをサポート!

そのほか、回数券を買う方法
年間パスを買うなど、お得になる方法があります。

マリンピアをもっと楽しむために

マリンピア日本海のすぐ裏は、それこそ日本海。
浜の駐車場を下りると、すぐに海なのです。

お天気がよければ、遠くに佐渡がのぞめますし、
海鳥を眺めながらボーッと過ごすのもいいですよね。

冬だと、たいてい天気が悪く海が荒れています。
地元の人間は見慣れているし、荒れた海なんて魅力を感じないのですが、
以前、県外の人がその冬の海を見てすごく感激して帰っていきました。

荒れている海なんで見慣れているから価値がないと決めつけていたんです。

住んでいる人には当たり前でも、他県の人からはすごく魅力を感じるものが新潟にはいっぱいあるんだなって分かりました。

日本海の潮風にあたりながらテトラポットを歩くなんて体験も楽しいかもしれませんね。

マリンピア日本海近くで宿泊できる?

残念ながら、マリンピア日本海の近くにホテルはありません。

でも、車で5分から10分ほどで古町なので
そこには飲み屋さんやホテルはたくさんあります。

古町は、昔よりもにぎわいが少なくなったとはいえ、
いまだに昭和のロマンと港町新潟を感じさせる風情が残っているので
新潟に来たらぜひ寄ってほしいところです。

▲目次に戻る

よっちぃ

投稿者の記事一覧

新潟に生まれ育ってうん十年。変わらない新潟、進化していく新潟をお伝えします。

関連記事

  1. 新潟市のシンボル萬代橋が130周年
  2. 新潟市で夜桜を楽しめるライトアップお花見名所
  3. 新潟県の人気温泉宿5つとよっちぃのおすすめ温泉
  4. 日和山五号目でまったりとした午後を過ごす
  5. にいがた食の陣は25周年! 新潟の美味しい食材がつまってます
  6. 新潟市の穴場のお花見スポット5選
  7. 白山神社は新潟の初詣スポットとして人気
  8. 新潟島一周自転車道を走る「その1」関屋~みなとぴあ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 新潟の女性はストレスを感じやすいのはナゼ?
  2. エアコンクリーニングはシーズン前がお得! クリーニングのメリットと新潟市の業者比較
  3. 胎内市のチューリップフェスティバル2019に行ってきました

スポンサーリンク

PAGE TOP